祇園甲部歌舞練場

祇園甲部歌舞練場、耐震改修へ 市民から寄付募り2022年再開場へ

 
耐震補強工事後の祇園甲部歌舞練場の完成予想イメージ。劇場の本館(右の大屋根の建物)の内部を鉄骨フレームで補強し、外観は維持する=祇園甲部歌舞会提供

耐震補強工事後の祇園甲部歌舞練場の完成予想イメージ。劇場の本館(右の大屋根の建物)の内部を鉄骨フレームで補強し、外観は維持する=祇園甲部歌舞会提供

 「都をどり」の会場として知られる「祇園甲部歌舞練場」(京都市東山区)を来年から耐震改修すると16日、祇園甲部歌舞会が発表した。強い地震で倒壊の恐れがあるとして長期休館中で、2022年春の「都をどり」での再開場を目指す。よりよい劇場とするため、市民や企業から寄付を募る。

 大正時代に建てられた木造建築の同歌舞練場は、2014年に行った耐震診断で、震度6強の地震で倒壊の恐れがあると判明、16年10月から休館している。同歌舞会などは建て替えを含めて検討を進めてきたが、和風建築の本館内外観を維持して耐震補強することを決め、今年8月に基本設計を終えた。


 計画では、本館の劇場本体を鉄骨フレームで覆い、構造を補強する。あわせて北側に接する芸舞妓の技芸学校を解体し、歌舞練場の北東側に新築移転。隣接する弥栄会館にある「ギオンコーナー」も学校棟内に移設する。


 来年1月から準備工事に入り、同8月には耐震改修に着手。21年11月の完成を予定する。総事業費53億円を見込み、都をどりの収益や家賃収入などの自己資金と、金融機関からの借り入れでまかなう計画。22年以降に弥栄会館で開業見通しの帝国ホテル(東京都)からの賃料も工費に充てる。


 16日の会見で、祇園甲部歌舞会の太田紀美取締は「一日も早く完成させ、多くの皆さまに再び歌舞練場で祇園町の芸舞妓の伎芸を楽しんでいただきたい。多くの方のご支援、ご協力を賜りたい」と訴えた。


 寄付金は、花街文化の保存・継承を支援する京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)が窓口を務め、同財団のホームページに17日から専用のコーナーを設ける。金額は一口1万円~百万円で、総額5億円を目標に協力を呼び掛け、バリアフリー化など劇場環境の向上につながる工事に役立てる予定。


 同財団の立石義雄理事長は「花街文化と伝統伎芸の保存継承を図っていく上で、歌舞練場は不可欠。全面的に協力したい」と話した。

元歌手の香田晋さん福井県で僧侶に 

「毎日が充実」

 

福井新聞ONLINE

 福井県美浜町の山間にある徳賞寺で、力強い演歌が響く。聴衆を前に僧衣姿でマイクを握るのは、人気演歌歌手だった香田晋(本名・鷲崎孝二)さん(52)だ。2018年11月、同寺で得度した鷲崎さんは月に1、2回、僧侶の務めを果たす傍ら、地域イベントで歌を披露したり、書をしたためたりと、地元からのお願いにも応じている。鷲崎さんは「若狭には深い縁を感じる。地域のお役に立てることなら頑張っていきたい」と話す。

 鷲崎さんは1989年に作曲家船村徹さん(故人)にスカウトされ歌手デビュー。94年にNHK紅白歌合戦に初出場したほか、クイズ番組の解答者として茶の間の人気者になった。ただ、バラエティー番組への出演が増えると、歌手活動は思うようにできなくなった。「自分の意志で動くことはできず、心が限界だった」。2012年に芸能界を引退。古里の福岡県北九州市で飲食店を経営したり、夢だった書や絵画の創作に精を出したりした。

 18年、長年介護をしていた義理の祖母を亡くしたことが転機となった。幼い頃に両親と離れた鷲崎さんは「義理の祖母は真の理解者で、つらい時も心の支えだった」と話す。自分で経を読み、できる限りの供養をしたいと、船村さんの知人である同寺住職の粟谷正光さん(71)に相談したところ仏門の道へ誘われた。

 義理の祖母の葬儀を終え、現在は自宅がある神奈川県横浜市から月1、2回同寺に帰山。僧名「徹心香雲(てっしん・こううん)」として、粟谷さんに付き添い檀家への法話や読経などを務めている。

 檀家や参拝者らと交流するうちに、歌の披露や書を書いてほしいと依頼されるようになった。9月には町内の祭りで数曲歌ったほか、10月9日には福井県若狭町熊川に造られる忍者道場へ書を提供。10日には檀家の集いで法話と演歌約10曲を披露するなど、忙しい日々を送る。

 鷲崎さんは「書や仏教と出合うことができ、毎日がとても充実している。これも若狭地域との縁のおかげ。今後も感謝の思いを込め、地域の役に立っていきたい」と笑みをこぼす。

今年は例年とは異なり10月26日に実施される

時代祭、2019年は10月26日に変更!その理由とは…

Twitter Facebook Hatena
昨年行われた時代祭の行列。今年は例年とは異なり10月26日に実施される(2018年10月22日、京都市上京区・京都御苑)

昨年行われた時代祭の行列。今年は例年とは異なり10月26日に実施される(2018年10月22日、京都市上京区京都御苑

 京都三大祭りの一つ、時代祭。毎年10月22日に平安時代から幕末までの装束を着た人々が京都市中心部を行列して歩くことで知られる。しかし、今年は例年と事情が異なる。祭りを実施する日が10月26日に変更されるのだ。観覧を予定する人はご注意を-。
 時代祭は、京都に都が移されて1100年となったことを記念し、1895(明治28)年に始まった。京都市内の住民による氏子組織「平安講社」が主催し、毎年約2千人が各時代の衣装を着て歩く。
 行列の日は例年10月22日と決まっている。同日は、794(延暦13)年に桓武天皇が京都に都を移した日にあたる。このため同日は10月22日は「京都の誕生日」とも言われており、時代祭の行列が催行される日となっている。
 しかし、今年の10月22日は、天皇陛下即位に伴う「即位礼正殿の儀」がある。このため、主催する平安講社が協議した結果、「祝意と敬意を表するため」として、最も近い土曜日にあたる10月26日に時代祭の行列を行うことになった。
 時代祭当日、京都御苑上京区)には有料観覧席が設けられる。日程変更は観覧席の売れ行きに影響しているのか、チケットを取り扱う京都市観光協会に聞いてみた。同協会の担当者は「26日は土曜日なので、『例年は時代祭を見ることができないが今年なら見られる』と言って、チケットを購入する人もいます」と話す。
 数年に一度しかない土曜日開催の時代祭。「令和」という時代の初めに、平安から幕末までの時代に思いをはせてみてはどうだろう。